1日目(2005年12月29日)

出発,フェアバンクスへ
 19:40,成田空港を出発,フェアバンクス空港着は29日の08:05(現地時間)
 入国審査では両手の人差し指の指紋,瞳の光彩の写真を1人1人撮っていく・・・しかもフェアバンクス空港は小さいので設備が少ない。全員の入国審査が終わったのは2時間後でした。いきなり疲れてしまった。まぁ,その分フェアバンクス空港内外を比較的見物できたので良しとしたい・・・
 フェアバンクス空港内には極域の動物の剥製が沢山飾ってあり,また,当然だが外には雪が積もっている。南国育ちにはこれが嬉しくて仕方なかった。
 外の気温は-6.5℃・・・私には十分寒いが予想よりは遙かに暖かい・・・ちょっと拍子抜けでした。

機内食1回目

機内食2回目

積もった雪・・・これが嬉しかった

空港内,華やかです

ホッキョクグマ

グリズリー

フェアバンクス市内観光
 全員の入国審査が終わったのは10時頃。この時間になると空も明るくなり始めてきたため,直接フェアバンクス市内観光へ行くことになった。最初に向かったのは「ゴールデン・ハート・パーク」。中央に位置する像は「知られざる最初の家族」だそうだ。まぁ,これより感動したのは完全凍結したチナ川。・・・実はこの後,見る川は全て凍結していたのだが,この時点では初めて見る凍結川に興奮してしまった。
 次に向かったのはアラスカ縦断石油パイプライン。これも有名だが実際に見るととにかく太い!!でも,ここで目を引いたのは石油パイプと道路を挟んだ向こう側に見える氷の柱。これはこの土地の所有者が地下水を吸い上げ,スプリンクラーで吹き上げ,凍らせたものだそうだ。去年までは1つだったのに,今年はツインタワーになったそうだ。しかも,夜にはライトアップまでされるらしい。いや〜凄い!!(実際,夜,オーロラ観測に向かう途中,ここを通ると,本当にライトアップされていた。),さらに,手前の家に付いている車輪も気になって仕方がない・・・


ゴールデン・ハート・パーク

凍結したチナ川

アラスカ縦断石油パイプライン

パイプラインそばの氷のツインタワー

昼食のレストラン付近から(昼です)

昼食のレストラン付近から(昼です)

フェアバンクス市内観光〜アラスカ大学博物館〜
 昼食後向かったのはアラスカ大学の博物館。入っていきなり出迎えてくれたのは3mはあろうかというグリズリーの剥製。凄い迫力,こんなのと野外で出会ったらもうどうしようもありません・・・


アラスカ大学博物館入り口

巨大なグリズリー

アラスカ大学博物館より。夕陽ではありません。昼です。

ホッキョクグマ,アザラシ

マンモス

永久凍土より発見されたバイソン

ホテル着
 この日に泊まるホテルは「フェアバンクス・プリンセス・リバーサイド・ロッジ」,フェアバンクス郊外の綺麗なホテルです。チェナ川がすぐそばを流れていて凍結していました。しかも,表面には沢山のタイヤの後が・・・実際,滞在中に何回かスノーモービル等が走っていくのを目撃してしまった。ただ,今年は暖かいため,(例年より)氷が薄く,車が何台か川に落ちてしまったそうだ・・・いやぁ〜凄い話です。

オーロラ観測
 22:00にロビーに集合,バスで観測ポイントへ出発。観測ポイントはホテルからバスで約45分の所の「スキーランド」。この日は本当に大勢の人がいました・・・オーロラも23:00頃に出現,2:00にホテルへ出発するまで強弱を繰り返しながらずっと出現していた。あまり動きはなかったのだが,時にそれなりに動き,それなりに明るく,初日としてはとりあえず満足のオーロラでした。
 ホテル到着後,色々と明日の準備等をしていたら,結局寝たのは4:00になってしまった。(本当に)長かった12月29日はこの後,爆睡でした。

inserted by FC2 system